レンタカーにナビやBluetoothは付いていますか?

レンタカーにもナビやBluetooth付きの車はあります!

お出かけをする際に目的地が初めて行く場所や遠い場所の場合はナビが便利ですよね。
もちろん走っている間は音楽という旅のお供があるともっと楽しいですよね。
実際にレンタカーにもナビやBluetooth(ブルートゥース)ETCなども必要になることも多いかと思います。
レンタカーに快適な装備はもともと付いているのでしょうか?

ナビやBluetoothはオプションと標準装備の2つあります。

今はFMラジオなども聴くお客様が大変増えてきています。
しかし、遠出をするとなるとエリアの問題もあり同じラジオ番組を聴くことは難しくなってしまいます。
DVDやCD・テレビなどもよく話に上がりますが、今はネット社会です!
好きな音楽を車で聴くために、携帯電話を使ってインターネットなどから直接再生する人が急増しています。

携帯の音楽を車で聴くにはBluetoothを使用するのですが、この機能は全ての車やナビに付いているわけではないのです

まず、Bluetoothには【ナビと携帯をリンク】して再生する方法と【FMトランスミッター】などを使用する方法があります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、のちほど説明しますね。

レンタカー会社によって車の装備などが変わってきます。
「ナビ・ETC・Bluetooth・バックカメラ・ドライブレコーダー」などをオプションとして料金が発生する会社と
レンタカーにもともと装備されている場合があり、この場合はオプション料金が発生しない場合が多いです。

ちなみに「ライフサポートミウラ」では全車標準装備で全て付いています。
もちろん追加料金も無しです!

 

なぜ初めから付いていないのか?

これについては、そのレンタカー会社の扱っている車によります。
私自身の経験のお話をすると、レンタカーの料金が比較的お安い会社の場合はオプション料金での
取り付けになることが多かったです。

ライフサポートミウラでは【新車から3年落ち未満の車】というレンタカーにする車の条件を設けています。
もちろん初めからナビなどは全て付いていない車がほとんどです。

後から全て取り付けをしているのです!(これもライフサポートミウラの条件です)

オプションで取り外しができる商品にもメリットやデメリットがあるのでこれものちほど説明しますね。

 

だいたい500円ぐらいの相場が多い

私が実際にレンタカーを使用した際に、オプションでナビやETCを付けてもらった車には1つのオプションで
500円+消費税が多かったですね。
オプションで取り付け出来ないものもあるので一概に全てオプションとは言い切れませんが
分かる範囲でオプションになりそうな項目を挙げてみます。

・カーナビ       (オプション)
・Bluetooth        (オプション※ナビの機能に付いているものもあります。)
・ETC          (オプション※後付け出来るタイプと出来ないタイプがあり、標準である場合も多い)
・バックカメラ     (オプション不可能※そもそもナビが付いている前提のものがほとんどです。)
・ドライブレコーダー  (オプション※標準装備かもともと取り扱いが無い場合がほとんどです。)

レンタカーにもともと付いていない装備をオプションで追加すると
ナビとETCとBluetoothで1500円も上がってしまう事になります。
その場合はレンタカー会社を色々見て頂き、トータルでどこで借りるのかを決めて頂ければと思います。

 

それぞれの標準とオプションの違いについて

それぞれのオプションにはメリットとデメリットがあります。
簡単にオプションごとの違いを出してみたいと思いますので参考にしてください。

 

レンタカーのカーナビ

カーナビといえば色々なタイプがあります。
車内部に置くタイプ(左)と初めから埋め込む形(右)で付いているものです。

左のタイプはポータブルナビと言って気軽に場所が変えれたり不要な時は取り外しができるため便利です。
しかし、ナビに大切なGPS(車の位置を特定する電波)などが弱かったり、吸盤や粘着テープで固定するため
走行中に落ちてくることもよくあります。古いものだとBluetoothの機能も付いていないでしょう。
なので、ナビが別のルートを案内したりする可能性もあるのです。

右の埋め込みのタイプは、もともと埋め込んでいるため視界の妨げにもなりにくくすっきりした見栄えです。
ポータブルナビと同じくGPSも付いていますが、受信電波の数が多いものも沢山あるので基本的に
ナビが違うところを走っていることはないかと思います。
埋め込みのタイプにはCDやDVDも入れれるようになっていたりもするので、やはりこちらがオススメです。

どちらのナビもそうですがBluetoothやテレビ・CDやDVDは機能としてあるものと無いものがあるので
レンタカーの予約をする際に事前に確認するのが確実かと思います。

 

レンタカーのETC

ETCにもナビと同じように2つに分かれることがあります。一体型(左)と分離型(右)です。

左側のETCはポータブルナビと同じで車の中のダッシュボードに置くタイプです。
カードを指す本体にセンサーが内蔵されているため、足元などに隠すことができません。
機能としては同じですが、やはり前に置く分少し邪魔だと感じる方が多いようです。

それに比べて右側のETCはセンサーのみ別の所に付けるようになっているため大きな本体を好きなところに隠せます。
この分離型の場合は取り付けに少し時間を頂くため、オプションでその都度取り外しするには不向きです。
なので標準の場合は右の分離型、オプションの場合は左の一体型が多いかと思います。

レンタカーのBluetooth

レンタカーでBluetoothを使って音楽を聴く方法は沢山ありますが代表的なものがFMトランスミッターというものです。
ラジオのなかに「ザーッ」と音声が聞こえない周波数がありますよね?
その周波数に携帯とリンクしたトランスミッターが音楽をながしてくれます。
携帯とトランスミッターをリンクさせれば、あとはトランスミッターとラジオの周波数を合わせるだけです。

デメリットは、ノイズが入りやすい事や電波がよく途切れる・音質が悪いなど聞く事がありますが
これは不良ではなく仕方がない事なのです。

では、ナビに付いているBluetoothはどう思いますか?
この場合は、トランスミッターよりもノイズや音飛びはかなり少なくなります。
ただし注意なのが、100%音飛びが無いとは言い切れない事です。

どうしても電波に音をのせて再生しているので、携帯の表示のタイムラグや
使用している音楽再生ソフトとナビの相性もあり、音飛びもすることがあります。
ですが、ラジオから聴くのではないので、音質も良くソフトによっては曲名なども表示されます

余談ですが、持ち運びのBluetoothスピーカーを持ち歩いている人もいるので候補に入れて頂いてもいいかと思います。

 

レンタカーのバックカメラ

バックカメラ自体は映像を映すモニターが必要です。
ほとんどのバックカメラは車の外に付ける事が多く、作業時間も結構かかってしまうためオプションになることは
ほとんどないと思います。

しかし、ナビが無くてもバックカメラが付いている車も中にはあります。
ナビは無いけどCDの再生する機会に液晶が付いていたり、ルームミラーに表示されるものも増えてきているので
レンタカーを予約する前に事前に聞いていただくのが確実です。

 

レンタカーにドライブレコーダー

ライフサポートミウラでは全車にドライブレコーダーをもともと付けていますが、オプションで付ける話はあまり聞きません。
ドライブレコーダーじたいの取り付けもお時間が少しかかってしまうため、もともと付いていることが多いのです。

しかし、煽り運転などで不安なお客様もおられますので、レンタカー会社に聞いてみるのがいいかと思います。

 

※レンタカーのオプション注意点※

上記で説明したオプションのほとんどが、シガーソケットという電源を使用します。
車で携帯を充電するときに使う丸いところです。
このシガーソケットは入り口を増やすものもありますが、携帯の充電をされるのであれば
携帯用に使える場所が確保できるかも考えたほうがいいかもしれません。

 

レンタカーでも快適装備で楽しいお出かけにしましょう!

長くお話をしましたが、快適にお出かけが出来るようにレンタカーの準備をしている会社も多くあります。
しかし、オプションなどのメリットやデメリットをしっかりと確認したうえで快適に使っていただければと思います。

ライフサポートミウラでは全車に【ナビ(Bluetooth対応)・ETC・バックカメラ・ドライブレコーダー】を
標準で装備しておりますのでその他の装備についてはお電話いただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
快適なレンタカーライフのためにお気軽にお問い合わせいただければと思います!